Lilypie Breastfeeding PicLilypie Breastfeeding Ticker
FC2ブログ
 

ロヒシマ ライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果。-お嬢さん初めて子供と触れ合う-

木曜日、子育てサロンに参加してみた。 

今まで話した事のないタイプのママさん達が公民館前にいたので
「行きたくないな・・・」とボソっと言ったら
聞こえてたようで連れ添いのお義母さんが部屋の入口まで付いて来た。
もう引き返せない・・


公民館の和室16畳ほどの部屋の中には多くの子供たちや
ママさんたちでワイワイと溢れかえっていた。



何していいのやら分からず、とりあえず初めは
部屋の隅っこを確保して座っていた。
誰も話しかけてくれなかったので、最初はウチのお嬢さんと
会話をして過ごしていた。なんだか寂しい。
お嬢さんは緊張したようすで凝り固まっておとなしい

このサロンは全体的に1才前後のハイハイやおもちゃ遊びが
出来る子たちで占めており、ママさんたちは年齢が自分より
年上の人が多いような気がして、なんだかすぐに帰りたくなった。


でもこれじゃいけないと思い部屋の中心に移動。そこにはおもちゃ箱があるのであった。

     ---------------------     

{そのおもちゃは提供されている古いおもちゃばかりで多くが黒ずん}
{でいた。それを皆がなめているんだからこりゃ強い免疫力が付くな}
{と関心した。                                  }
{ジャジャ丸・ピッコロ・ポロリのニコニコプンの20年前に発行さ    }
{れた絵本には読み聞かせずに懐かしくて黙読してしまっていた  }                      
     ---------------------

私はお嬢さんをひざの上に抱え、おもちゃ箱にたかる幼児たちに対して
遊び方を教えてあげていたら子供を通して自然とママさんと会話が
出来るようになった。でも、
会話は短く、終始子供たちと遊んでる方が
長かったかもしれない。それが逆に楽しかった



ママ友は出来なかったが、色んな子供と触れ合うことで赤ちゃんは年齢によってどのような行動をするのかという成長のステップを実際に目で見て取れたので行ってよかったと思った。
お嬢さんには早くつかまり立ちをするくらいに大きくなって
いろんなおもちゃで遊びたいな、と期待に胸を膨らませて帰ってきたのであった。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。